COHPLUS

人生に、余白を。読んでると、自分の中に新しい感覚があることに気がつくブログ。

時間を作るにはどうしたらいい?時間との向き合い方を変えて余裕のある生活をおくろう。

時間 余裕 作り方 隙間時間 考え方 自己啓発

 

 

こんにちは、余白クリエイターのみほです。

今日は、時間の余白を作るのは簡単だよ!というテーマでお話しようと思います。
つまり、時間をコントロールするのも簡単というお話です。

 

時間が欲しいなぁ、
時間ないなぁ、

そう思っている方にこそ、読んで欲しい今日のブログ。

その理由は、まず使う言葉と、マインドを変えていく必要があるからです。

 

「時間を作ろう」と思うと、30分とか1時間とか、まとまった時間を想像してしまいがちですが、当然のことながらそれだけがあなたにとっての時間じゃないはずですよね。

 

こうしてブログを読んでくれている瞬間も、立派な「時間」なわけです。
あなたが読もうと思って判断してくれたから、そこに余白が生まれています。

読んでいる理由は、ちょっとした休憩時間に暇だったからなのか、興味があるテーマだったからなのか、人それぞれだとは思いますが。

結局のところ何が言いたいか?
時間を作るには、時間にどう向き合うのかが大事」っちゅーことです。

 

「10分時間をつくるには、あれを5分早く終わらせて1分であっちを済ませて…」
なんていう方法論ではなく。

 

「この用事とこの用事の間に5分あるな、そこで読みたかった記事読もう」
てな感じで生みだすものだと思うわけです。

もしかしたら、もう既にあなたの中に余白(時間)はあるかもしれないじゃないですか。

普段はそれに気が付けないほど、ほかの事に一生懸命なのかもしれません。


だけど、あなたの中にあるその余白に気付くことができるのは、紛れもなくあなただけなんです。

 

そこで役に立つのが言葉の力です。

「どうやって時間つくろう?」
「これをやるにはどう工夫しよう?」

そうやって自分に問いかけると、脳はその問いの答えを賢明に導き出します。

 

そして、日常の中で隙間発見ゲームをしてみることをお勧めします。

「本と本の隙間」のような物理的なスキマも。
「移動と移動の間」のような空間的なスキマも。
「言葉と言葉の間」のような感情的なスキマも。

ひとつでも、ふたつでも。見つかったらそれをメモに書き残してみましょう。

今日はひとつだったのが、明日はもしかしたらふたつになってるかもしれません。
1週間続けたら、どれほど増えるのか楽しみになってきますね。

その数が増えた分だけ、あなたは気付くことにアンテナが張れて、自分の中に余白が生まれてきたということになります。

そう考えれば、時間をつくるのなんて簡単!そう思えるはずです。

さっそく今から、お試しあれ〜!

読んでくれてありがとうございました!

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

余白をつくるグループレッスン「ネオ瞑想」
詳細はこちらをチェック☆

peraichi.com