COHPLUS

人生に、余白を。読んでると、自分の中に新しい感覚があることに気がつくブログ。

自信がない人こそ、応援してくれる人と出会うべし。

自信がない 自信の付け方 応援

 

こんにちは、余白クリエイターのみほです。

 

私ね、実はすごい完璧主義者で。
とにかく自分を褒めるという事に関してのハードルが高いんです。
今はだいぶ、マシになった方で。


その事について書いたnoteはこちら

note.com

 

それで、自分の能力が信じられない時期がずーーーーーっと続いていて。
どんな風に何をやっても「足りないんじゃないか」ってすごい不自然に認められないんですよ。私のことを、信じてあげられてなかったんですよね。

 

でも、ありがたいことに、私の周りには「頑張れ!応援してるよ!」って言ってくれる人がいるんです。
「一緒になにかやろうよ!」「参加して良かったです!」って。

そんな人たち目の前にして、「いや…わたし自分のこと信じれてなくて。」って言えます?

言えませんよ。そんなのスーパー失礼ですよね。なんで恩を仇で返すようなことしてんの。って。思いません?

 

だから、自分を信じるっていうのは、わたし」を信じてくれている人への恩返しなんだ。って思ったんです。

応援してくれてる人に感謝をちゃんと伝えて、いい報告するためにも、自分のこと信じた方が周りは喜んでくれるんですよね。

 

当たり前なようで、当たり前じゃなかったこと。
今更かよ!と思われてもいいから書こうと思いました。

だってこれがわたしの成長スピードなんですもの。

 

でさ、きっと「自信のなさ」で悩んでいる人って多いと思うんですよ。
もう、そりゃたくさんいると思うんです。

 

過信することでも、驕り昂ることでもないです。
ただ純粋に、自分の能力を信じるということ。

結構難しいテーマだと思いますよ、わたしは。

 

それで、じゃあこうやって応援してくれる人にどうやって出会えたの?って。
それは本当にいろんな要素が絡まっているんですけど。

 

わたしが実感しているのは、「考えるのをやめなかったこと」と「わたしは運がいい」と感謝すること。

 

抽象的でしょ(笑)だけど、わたしが徹底したのはこれです。
いろんなことを考える習慣を持つこと。だから携帯実は手放せないんですよ。
ぐぐったり、メモしたり四六時中してるので。

アナログでのメモもめっちゃ取ります。自分しか読めない文字と構成で。

感謝する事に関しては「ありがとうノート」を毎日つけています。

今日はこんな話ができたよー!とか今日も屋根のあるお家があるよー!とか。
もうただひたすら書き連ねて、ありがとうで締めくくる。

あ、あとは人に出会うためには足を動かすことですね。
思いきって行ってみる。初めましての人しかいないオフ会に行く時、わたし吐きそうになってましたけど、結果そこでの出会いで人生変わりました。ほんとに。

だからね、何が言いたいかっていうと。

自分を信じることは、相手への恩返しと社会貢献。
そして、そのことに気づけるかどうかは「余白」が超大事。

「余白」の定義は「自らを美しく愛する力」です。


*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*

 具体的に、あなたはどうしたらいいのかお伝えしているのがパーソナルレッスンです。

身体を動かすことで心と思考を解放しませんか?
セルフケアもお伝えしています。

まずは体験から。

cohplus.com