KAKULOG

“きっかけ作りの専門家” がお届けする、 心のことや、身体のこと。 「自分を知ることが人生を豊かにする」 を伝えるために活動しています。 慢性疼痛や生活動作/パフォーマンス改善のヒントが、 このブログで見つかりますように。 自分の核をぶらさずに 確実にヒントになる情報を 書きたいように書く そんなKAKULOG(カクログ)です。

スキンストレッチの価値あれこれ

f:id:mihokimura:20181003211517p:plain

 

 

こんにちは、きむらみほ(@mihoo176)です!
最近では筋膜について一般的に広く知られるようになり、一度は耳にしたことがあるというかたも多いのではないでしょうか?

筋膜にアプローチする手技やツールは多く存在しますが、より表層の組織に焦点を絞り、独自の目線でぐいぐい知名度をあげているのがスキンストレッチです。

www.sankeibiz.jp

今日はそんな一般の方からアスリートやアーティスト、インストラクターや美容業界まで、幅広く効果を発揮して世間をざわざわさせているスキンストレッチを紹介します!

 

 

 

スキンストレッチのいいところ

スキンストレッチの概要を説明する前に、
どのようにして私がスキンストレッチ受講を決めたのかに触れておこうと思います。

どうしてスキンストレッチだったのか?

世界には、俗にIASTM(Insturumental Assisted Soft Tissue Mobilization)
と呼ばれるツールを利用して軟部組織の可動性を獲得する方法が多く存在します。
そのひとつひとつが似ているようで違いがあり、
ツールそのものの形や質感、エッジの角度が違えば
狙っている軟部組織も違ってきます。
どれが良くて、なにがベストかなんて私には正直わかりませんが
(目的やシチュエーションによって良し悪しだと思うので)
私がスキンストレッチを選んだ理由は大きく2つ。

 

  1. セルフコンディショニングに使える
  2. 金額がリーズナブル

 とってもシンプルに、これが決め手です。

 

セルフコンディショニングに使える


まずは 1.セルフコンディショニングに使える という点ですが
先ほども世界中に様々なツールが存在するとお伝えしましたが、
それらはどれも専門家向け。
専門家が、使用する技術を学び相手に施術をするということに焦点が当てられていまるため、自分の身体の調子に逐次耳を傾けて、それに対して自分で対策をとっていくということが難しいですよね。
一方、スキンストレッチの場合は受講のレベルは分けられていますが、
誰でも自分の身体をケアすることができるという点が超良い!!と。

いつまでも元気でいたい男性女性、がんばって働くお父さんお母さん、部活を頑張る少年少女、少しの時間でケアがしたい多忙な現代人全員が、自分の身体を労わることができるのです。
大事なことだと思いませんか?

 

金額がリーズナブル

 

そして次に 2.金額がリーズナブル
これ決して、否定的に捉えないで欲しいので、書くの迷ったんですが。
正直に書きます。


みなさんは、何に大事なお金と時間を割いていますか?

 

つまり費用対効果のお話です。


スキンストレッチのセミナーは、
①セルフ(一般)▶︎②パートナー(一般)▶︎③治療(専門家)
とレベルを経て行われていくのですが、
セルフコンディショニングが目的であった場合、
①のセミナーを受講すれば、自分の身体をケアすることはできるわけです。

そう仮定して計算すると…
セミナー受講料8640円+専用ツール1種類12960円=21600円(税込)
この金額と学びの時間さえ払えば、あとは思う存分ケアし放題。

それに比べて、身体の調子を整えるために
毎回マッサージや病院に通っていたとしましょう。
安いところでもだいたい10分1000円くらい。
40分なら4000円、100分とかになると10000円です。
だいたい何分くらいが平均なのかまったく予想がつきませんが、
業界に努める方に聞いた話だと、とくにお給料日後なんかは
120分、さらには180分なんて方もざらにいるようです…
と、いうことはです。
もし仮に60分でマッサージを受けたとしたら、3.3回で21600円です。
3回です。もう一回言います。3回です
これが、多いと思うか、少ないと思うかは、あなた次第ですけどね。


あと、病院に行って、
ただ電気治療を受けているだけで500円くらい払っていたとして、
月に5回通院したら、8ヶ月程で2万円です。
そもそも8ヶ月も病院に通う必要が生じている時点で疑問が湧きますが…。

何があなたにとって一番いいのか、どんな自分になりたくて何にお金を使うのか、
もう一度振り返ってみてもいいかもしれませんね。

 

てな感じで、基本的には自分自身の心と身体に興味を持ってもらうことが重要
だと考えて活動している私には“セルフケア”を広めるよいきっかけになるんではないかと思えたので、受講に至りました。

 

あと、もういっこ。
目的やコンセプトこそ違えど、そのほかIASTMツールに比べて、
スキンストレッチは受講料も大変良心的です。
生涯勉強の専門家さんたちにも、有難いことですよね。
あるテクニークでは、ツール専用ケースだけで20000円します。(かっこいいですけどね笑)
そんなこんなで私はスキンストレッチスペシャリストになるに至ったというわけです。

ちなみに、対人で行う場合や、より効果を高めたい場合はレベル2の受講を強くお勧めいたします。

 

 

スキンストレッチとは?

ここまで読んでくださった方、ありがとうございます。

じゃあ実際に、スキンストレッチ使うとなにができるの?
どんなケアができるの?が当然気になっているのではないかと思います。

概念と効果

スキンストレッチは、主に身体の比較的浅い層にツールでアプローチすることでコンディショニングする新しい概念です。

施術の方向が明確なため、非常にわかりやすく、結果も出やすいです。
具体的には、摩る・伸ばす・寄せるなどの刺激を与えることで
身体に以下のようなさまざまな効果をもたらします。

 

筋肉痛の予防・改善
柔軟性の向上
関節可動域の改善・制限
関節の安定化
動作の改善・コントロール
姿勢・バランスの改善
筋出力の増大・抑制、筋活動の促通・抑制
浅筋膜の癒着による運動性の低下の改善
痛みの緩和
組織修復力の増加

                                                                   スキンストレッチ公式HPより

 

 


スキンストレッチ

 

使用するツール 

純日本製最高級のステンレスを使用したツールで、
アプローチしたい層へ最適なエッジにするためにこだわり抜かれています。
錆びないので、お風呂に浸かりながらもできちゃうのが新しいですよね〜。

ツールは2種類あり、基本的にはこちらの「ドルフィン」を使用します

 

f:id:mihokimura:20181003230339j:plain

ドルフィン

さらにはもう一つ、セルフはもしかしたらこっちが楽かも?の「シーガル」です。

f:id:mihokimura:20181003230824j:plain

シーガル

ツールをたくさん持ち歩く必要もないので、専門家の方は移動するときに嬉しいですね。
ツールのロゴや質感は現在もっとかっこよくなってますよ〜!



スキンストレッチを学ぼう

もっともっと自分のことに興味を持ってもらえるきっかけを広めていくために、
スキンストレッチのセミナーを開催します!
場所は北海道、札幌!
今まで本部主催は横浜が主だったのですが、今回は遠方での主催をバックアップしてもらうことになりました。

遠方からセミナーに参加するとなると、
それこそセミナー参加費以外の費用もかさみ、機会損失もしてしまうため
北海道の方が神奈川より近いよ!という方はこのチャンスを逃すべからずです。

スキンストレッチ公式HPでも近日中に予告されますが、
一足先にこちらで申し込みフォーム解禁でございます。
お問合せはお気軽にどうぞ。

 

goo.gl

 

公式HPはコチラ

 

 

20181011161538